きゅうりとトマトと小銭とギャランドゥ

 先日ネットで見かけた夏風の浅漬けを作ってみた。

 きゅうりとトマトをざっくり切って、にんにくのスライスと一緒にめんつゆに漬け込む、というただそれだけのレシピ。

 昨晩漬けこんでおいて、今朝食べてみた。にんにくの香りがよく悪くない味だったが、にんにくのスライスがまだ生っぽく辛みが強い。今度作るときはにんにく絞りで潰してめんつゆに混ぜ、香りづけにする程度で充分か。きゅうりとトマトをもっと細かく刻めばそうめんにも合いそうだし、ごま油を足してナムル風にしても、オリーブオイルを垂らしてパスタに合わせるというのもいいかもしれない。

 いろいろ楽しめそうなレシピだな、これは。

 朝の仕事や午前中の会議を終えていったん帰宅し、そういや昨日何度やっても上手くいかなかったプリンタの無線LAN接続と印刷について、メーカーに問い合わせの電話をかけねばならんなあ、と準備する。オペレーターの指示に合わせてすぐに操作できるように、パソコンとプリンタ双方を起動させ、念のためにともう一度再試行してみたら、昨日何度やっても出来なかった印刷があっさり出来てしまった(-_-;)

 なんだったんだ、アレは。

 午後の仕事に出る前に、溜まっていた一円玉と五円玉を郵便局に持って行って入金手続きを頼む。銀行と違い、手数料も取られることもなくすぐに処理してくれて、合計金額が五千円ちょっとになった。こまめに小銭を貯めておけばやはりそれなりの金額になるものなのだなあ。

 午後の仕事先で、西城秀樹死去の報を知る。

 私の世代だと、物心ついたときにテレビで活躍していたアイドルが、ピンクレディー山口百恵新御三家という時代だったから、ちょっとショックだった。こと、新御三家の中では一番パワフルで生命力にあふれているイメージだったのだがなあ。

 ニュース見ていて気付いたが、西城秀樹脳梗塞で倒れたのって、今の私と同じ年齢の時だったのだなあ。ちょっと洒落にならない。